title

虫(貯穀害虫)の対策方法は弊社では以下のように考えます。

  • 突き止める
  • 除去する
  • 発生させない

の3点が揃ってはじめて行えていると言えるかもしれません。
『突き止める』が事前調査であり、『除去する』が設備クリーニングと言えるでしょう。
では、『発生させない』は何が最適でしょうか?

『虫どろぼう』は、殺虫剤ではなく防虫剤であり、卵の孵化を抑える働きをします。
何故孵化が抑えられるかというと、成分に樹木ニームの抽出物を使用しており、このニームを虫が毛嫌いすると言われています。毛嫌いするので虫の成長が遅くなり、もちろん卵の孵化も抑えるという訳です。
代表的な貯穀害虫の雌1匹が生涯に産む卵の数はこのようになっています。

  • コクヌストモドキ
  • コクゾウムシ
  • ノシメマダラメイガ

画像:農研機構提供

これらが影響無く、全て孵化すると考えるとぞっとしてしまいます。
『突き止め』、『除去』して、可能性がある箇所にこの『虫どろぼう』を設置して『発生させない』ようにすれば、工場内の防虫対策は効果てきめんです。

成分は樹木ニームの抽出物と天然香料(微香性)でできており、穀物にはもちろん、人にも無害です。精米機の下の隙間に設置したり、吊るしても使えますので、昇降機近辺に置いても大丈夫です。

1個の『虫どろぼう』で8坪×高さ3mの屋内空間で約60日間は効果が持続します。
直接米(穀物)に触れないように設置してください。(詳しくは、『● 設置場所が大事です!』をご覧ください)

● ネズミ対策にも!

コクゾウムシなどの虫のほかにも被害をもたらす代表的な動物として『ネズミ』が挙げられます。一度居座ると糞尿をしたり配線をかじってしまうなど、最悪は機械を壊してしまうほどの悪影響を及ぼします。駆除のために殺鼠剤を撒いてしまうと万が一お米に殺鼠剤が入ってしまう恐れがあるため、駆除するには殺さないように逃がすか、吸着シートで逃げられないようにするしか方法はありません。吸着シートも一見便利なもののように思えますが、吸着シートに引き寄せるためにネズミが好むものを準備しなければならず、逆に遠くからネズミを引き込んでしまう恐れもあります。

実は、ネズミも樹木ニームの臭いを嫌います。ネズミの習性として自分の臭いを頼りに同じ道を通って行動します。ニームの臭いはネズミの臭いをかき消してしまう効果があります。そのため自分の臭いを失ったネズミは部屋内を動き回りにくくなってしまい、徐々に居心地が悪くなり離れていきます。

ただ、実際問題としてネズミの被害に逢っているときに、ネズミが徐々に離れていくのを気長に待っていられるでしょうか?それよりも即効性のあるもので対策を講じたくなると思います。

即効性があり、ネズミを立ち入らせないような夢のような商品。それが、『夜ミスト』です。
『夜ミスト』でネズミを逃がしたうえで、『虫どろぼう』で近寄らせないようにする。このコンビネーションが最大限に効果を発揮します。

『夜ミスト』についてはこちらをご覧ください。⇒「夜ミストの紹介」

● 防カビ作用にも!

『虫どろぼう』はニームの抽出物によって虫の卵の孵化を抑え、虫を発生させないことが主な用途となります。しかし、実験によってカビの発生にも影響を及ぼすことが分かりました。ここに実験結果の画像があります。

カビ実験

玄米と水とコクゾウムシ100匹を箱に入れて2週間暖房にて温めたものです。その差は一目瞭然で『虫どろぼう』を入れた箱は米の被害が無いだけではなくカビも発生していません。しかも水も腐っていません。箱で囲った実験のため『虫どろぼう』の濃度が通常よりも高いですが、カビ等の腐食に効くことは間違いありません。

● 期限が来たら新しいものと交換を!

『虫どろぼう』の交換目安としては約60日間となります。しかし、60日間経過しても殆どの場合『虫どろぼう』の中の液体が残っているため、期限が過ぎてもそのまま使われているお客様も時々見られます。実は中の液体が残っていても60日間が過ぎるとニーム成分の揮発が無くなってしまい効果がありません。必ず新しいものと交換願います。

使い方

この状態から、

「ポン」と音がするまで 強く握って開封します。

外箱に入れるだけでOKです。

防虫対策3本の矢の1つとして、ご検討願います。

商品名 虫どろぼう
対象害虫 コクヌストモドキ、コクゾウムシ、ノシメマダラメイガなど
成分 ニーム抽出物、天然香料(微香性)
使用目安 8坪(16畳)×高さ3mの屋内空間で約60日間
内容量 60ml(外箱サイズ:縦11cm×横14cm×厚さ2cm)
価格 2200円(消費税及び送料別途)
夜ミスト区切り

夜ミスト題字

夜ミスト

● ネズミへの即効性忌避効果を目的として作られました!

『虫どろぼう』は虫が毛嫌いする樹木ニームの抽出物によって卵の孵化を抑える働きをする防虫剤です。様々な虫に対して効果がありますが、あくまで防虫剤のため、生息している虫を逃がしたり、殺したりする効果はありません。『夜ミスト』は『虫どろぼう』と同じ成分を持つ商品ですが、噴霧すると虫がニームの臭いを嫌って逃げてしまいます。特にネズミに対して絶大な効果を発揮します。

● なぜネズミに効くのか?

『夜ミスト』は『虫どろぼう』と異なり、ミストを噴霧します。噴霧されたミストは床などに付着し、約2週間ほど残ります。(付着の程度は人間が手で触ったくらいでは分からないほど微量です。)
『夜ミスト』が噴霧されたあとにネズミが侵入すると、まず付着したミストが体にくっつきます。すると、ネズミは自分の臭いが消えてしまうばかりではなく、嫌いな臭いを体にまとったまま行動しなくてはならなくなります。
また、ネズミは齧歯類(げっしるい)に属し、常に歯が伸びるため何かをかじって歯を削らなければなりません。そのため、ミストが付着した柱などをかじってしまうと、自分の嫌がる成分が今度は自分の口の中に入ることとなります。こうしてこの場所に居づらくなってネズミが逃げていくのです。
『夜ミスト』はネズミの習性を逆手に取った商品と言えます。

● ネズミが戻らないように『虫どろぼう』を!

逃げていったネズミが元の場所に戻ってくることはあるのでしょうか?『夜ミスト』のミスト残留期間は約2週間となっており、期間が過ぎ臭いが無くなれば戻ってくることは十分考えられます。そうなれば、また『夜ミスト』を噴霧すればOKです。・・・というのがベストですが、この『夜ミスト』1本5,000円(消費税別途)します。2週間ごとに5,000円コストを掛けていくことは、いくら効果が高いとはいえ負担が大きいと思います。
そこで、『虫どろぼう』の出番です。ネズミのその他の習性として、視力が弱く壁際を伝って同じ道を歩くというのがあります。この習性をまた逆手に取ってネズミの通り道になりそうな箇所に『虫どろぼう』を置いてください。通気口やドア、窓、配管周りの侵入口は要注意です。通り道にニームの臭いがすれば、ネズミは侵入をあきらめる可能性が高くなることでしょう。『虫どろぼう』は60日間効力があって2,200円。ランニングコストの差は歴然です。
『夜ミスト』で追い出して『虫どろぼう』で侵入を防ぐ。このコンビネーションがネズミに対して最も効果を発揮し、コストも掛かりません。

使い方

● 全量噴霧の場合

噴射方法

  1. 1. 噴射前に軽く振る。
  2. 2. 噴射ボタンを押し下げる。
  3. 3. 固定爪がロックされる。
  4. 4. 約4分30秒で全量が噴射される。

● 半押し噴霧の場合 おススメ!

  1. 1. 噴射前に軽く振る。
  2. 2. 固定爪がロックされないように、噴射ボタンを少しだけ押し下げる(半押しする)と任意の量で噴射できます。例えば、ネズミの通り道に夜ミストを半押しでピンポイントに噴射すれば効果がより高まり適度な使用量に抑えられます。

● 使用に伴う注意点

使用範囲の目安は40畳~60畳です。
噴霧したい箇所の中央(全量噴霧の場合)に『夜ミスト』を置き、蒸散が始まったら速やかに退出して8時間以上閉め切った状態を保ち、その間の入室は避けて下さい。また、使用後の入室の際は十分に換気して下さい。その他下記の点に御注意下さい。
※火気厳禁
※火災報知機の下は避ける
※ガス警報器はビニール等でカバー
※ノズルを身体に向けない
※食品が露出している場所での噴霧禁止
※精米機器類の中に噴射剤が入り込まないように養生を行って下さい。

商品名 天然防虫剤虫どろぼう 夜ミスト
対象害虫 ネズミなど
成分 ニーム抽出物、天然香料、DME(ジメチルエーテル:噴射剤)
使用目安 40~60畳×高さ3mの屋内空間で約2週間
内容量 250ml
価格 5000円(消費税及び送料別途)
お問い合わせ
▲ページ先頭へ▲