色彩(光)選別機

lak-3502

new  

株式会社 安西製作所

LAKー350(選り助Ⅱ)

定価(税別) 1,250,000円

販売価格(税別) お問い合わせ願います。

お問い合わせ

処理能力

Max 350kg/h(白米:メーカー発表)

Max 200kg/h(玄米:メーカー発表)

※原料中の不良品混入率によって異なります

最低流量

玄米・白米 50kg/h(メーカー発表)

主な特長

(カタログ記載内容)

・「高性能」「簡単操作」「省エネ」3拍子揃ったNEW‼選り助Ⅱついに登場!

・観察部の照明はLEDを採用。従来の蛍光灯に比べ約10倍の長寿命。消費電力も約38%削減!(当社比)

・ゴールデンシュートの採用により原料の流れが安定し、糠付きなどによる飛散も軽減しました。

・ボリュームと光る押しボタンスイッチを搭載した操作パネルの採用で選別状態を確認しながら操作できます。

・本体高さはわずか125cm。設置スペースを選ばず、本体後ろにキャスターが付いているので楽に移動ができます。

ARITAの評価
ARITAの評価
5

「お米屋さん」にとってみればまさに『救世主』と言っても過言ではありません。

メーカーが断言しているのもうなずけます。これまで設備投資を行いたいと検討していてもなかなか手が出せなかったお客様にとって、手が届くどころではなく格段の性能アップになることは間違いありません。

また、我が社が最も評価すべきポイントは何といっても機械の大きさが小さいことです。機械を更新する際に、寸法が大きければ選別機上のタンクや次のラインへの繋がりも工夫しなければなりません。必要以上の経費が掛かる可能性があります。

お客様も喜ぶ、施工業者も喜ぶ、メーカーも喜ぶ。しばらくはこの機種で安泰でしょう。

処理能力が大きいLAK-700(白米:100~700kg/h 玄米:100~400kg/h)も定価170万円です。寸法も350と全く同じですので、むしろこちらの機種のほうが長い目で見ても良いと思います。

ピカ選

new  

株式会社サタケ

ES-01AM (ピカ選グランド)

定価(税別) 6,900,000円

販売価格(税別) お問い合わせ願います。

お問い合わせ

処理能力

Max 2.9t/h (白米:メーカー発表)
Max 2.6t/h (玄米:メーカー発表)
※原料中の不良品混入率によって異なります

最低流量

玄米・白米 0.4t/h

主な特長

(カタログ記載内容)

・フルカラーカメラ&近赤外カメラ搭載の次世代・光選別機!

・双方のカメラとサタケ独自のデジタル画像処理により、不良粒を確実に除去できます。

・タッチパネルの採用で操作が簡単。メンテナンスが必要なパーツは容易に取り外しが可能なので、手間が掛かりません。

・長寿命光源を採用しているので、安定した性能を維持することができます。

ARITAの評価
ARITAの評価
5

近年まれにみるコストパフォーマンスが良い機種だと断言できます。

サタケの従来機であるマジックソーター(RMGS283AMS 白米3.6t/h)が定価で1,700万していたのに比べ、この機種は約1/2の価格で買える計算になります。

操作性もアップし、性能も維持。ランニングコストを抑え、メンテナンスも容易。選別機を検討されるなら、候補から「ピカ選グランド」は外せません。導入戴いたお客様からの評価も上々です。

能力・用途・予算に合わせた「ピカ選」「ピカ選mini」も素晴らしい機種です。

色彩選別機(カラーマスター)3

old  

株式会社 サタケ

GS5AA他(カラーマスター)

定価(税別) 2,950,000円(GS5AA)

販売価格(税別) お問い合わせ願います。

お問い合わせ

処理能力

Max240kg/h(白米:メーカー発表)

最低流量

わずかでも可能

主な特長

(カタログ記載内容)

・検出室はコストを惜しまずレンズを豊富に使用。その上光源を自動清掃装置でいつもクリーンに保つサタケ独創の設計ですから、着色粒を確実に選別除去します。

・操作パネル、検出室、噴射室が前面に配置されているため、運転操作、保守点検がすべて正面から行えます。背面や側面をぴったり壁面にくっつけて設置できるので設置場所の選択が容易です。

・光学部品、シュート、噴射弁など選別精度に影響を与える部品は特別高精度に加工されているため、運転中の微細な調整も正確に行えます。

ARITAの評価
ARITAの評価
2.5

一時代を支えてきた選別機のパイオニア。ガラスの選別は困難ですが、着色選別については良いパフォーマンスを展開します。機械の生産は既に終了しており、構成部品も一部の部品は在庫限りとなっているものもあります。ラインの能力にもよりますが、不良品の混入率が高い原料を選別する際の一次選別(粗選別)として使えば、混入率も下がり、次の選別機が良い仕事を行ってくれるでしょう。選別機は欲しいが、価格を最低限に抑えたいというお客様にもおススメです。

▲ページ先頭へ▲